憧れブランドのジュエリー物語

ジュエリー物語一覧を見る

憧れブランドのジュエリー物語/ヴァン クリーフ&アーペル

多くのセレブリティの結婚を彩って

いつの時代も愛し合うカップルのシンボルとして羨望を集める「ヴァン クリーフ&アーペル」のロマンティックなヒストリー。

  • 多くのセレブリティの結婚を彩って
zoom+ 3/3

幸福な結婚からスタートしたジュエラー、「ヴァン クリーフ&アーペル」は、その後も歴史の中で、多くの幸福な結婚を輝かせてきました。 
 
1955 年、美貌の女優グレース・ケリーは夫となるモナコのレーニエ公から、ウエディングギフトとして「ヴァンクリーフ&アーペル」のダイヤモンドとパールのネッ クレスを贈られます。そして、その娘、カロリーヌの結婚の際に、グレース妃が身につけたのもまた、「ヴァン クリーフ&アーペル」のティアラでした。 
 
他にも、ウィンザー公がシンプソン夫人に贈った婚約指輪、ケネディがジャッキーに贈った婚約指輪…。「ヴァンクリーフ&アーペル」の幸福な結婚にまつわる夢と美に満ちたエピソードは、時代を超え、母から娘へと受け継がれ、今日も生まれ続けています。 
 
「ヴァ ン クリーフ&アーペル」では、“エンゲージやマリッジを選ぶ際には、すべてのリングをご覧いただきたい”というコンセプトのもと、ブティックにはブライダル バーと名付けられたコーナーが用意され、心ゆくまでリングを試着できます。次に物語の主役となるのは、花嫁のあなたなのです。 
 

3sub

3連の真珠のネックレスをダイヤモンドがひとつに結ぶ、「ヴァン クリーフ&アーペル」のジュエリーのセットを纏ったグレース妃と、カロリーヌ王女の結婚の際に身につけた「ヴァン クリーフ&アーペル」のティアラ。

“幸福な結婚”というメゾン設立のエピソードにちなみ、創業者の妻、エステル・アーペルの名前を冠したブライダルコレクション“エステル”。周囲に 小さな プラチナのビーズをあしらうスタイルは、“アルハンブラ”や“ペルレ”などにも共通する、「ヴァン クリーフ&アーペル」の得意技。<上から>センターにダイヤモンドをあしらったエンゲージメントリング。[Pt,中央0.3ct~]¥525,000~、 ぐるりと一周ダイヤモンドをあしらったエタニティリングの進化系。[Pt,ダイヤモンド]¥819,000、シンプルな中にも愛らしい個性を感じさせるマ リッジリング。[Pt]¥231,000 (すべてヴァン クリーフ&アーペル ル/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)

■お問い合わせ先 
ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 
tel.0570-00-8202
http://www.vancleef-arpels.com/jp

text:Tomoko Shimizui

新着記事をもっと見る